モラハラ・離婚のサポートカウンセリング・横浜

menu

夫がこわい人のためのモラハラ診断

モラハラとは

モラハラとは

モラル・ハラスメントと言われ、心を痛めつける「暴力」です。

暴力には、「身体的暴力」「精神的暴力」があります。

身体的暴力は、殴ったり、蹴ったりするので、痣になったり骨折したり、痛さが表面化する直接的暴力。

精神的暴力は、言葉や態度や行動で相手を傷つける間接的暴力。
これがモラハラです。

夫からの暴言や態度で、知らぬまに傷つけられ自分を見失っていきます。

特に家庭という密室では外からわかりづらく、目に見えない暴力のため、自分も周りからも気づきにくいところが特徴です。

最近の離婚裁判では、夫からは約15%、妻からは約25%の申し立てがあるといわれています。

◆女性の約4人に1人が暴力を経験

内閣府が204年に実施した「男女間における暴力に関する調査」によると、配偶者から殴ったり蹴ったりといった「身体に対する暴行を受けた」女性は15.4%、うち3.3%は何度も被害を受けていました。
「精神的な嫌がらせや恐怖を感じるような脅迫を受けた」女性11.9%
「経済的圧迫を受けた」女性7.4%、
「性的な行為を強要された」女性7.1%となっています。
被害経験があった女性は23.7%で、約4人に1人が何らかの被害にあっています。

しかし、これまでに配偶者から何等かの被害を受けたことのある女性のうち、

「どこ(だれ)にも相談しなかった」のは44.9%
「家庭や親戚に相談した」31.9%・「友人・知人に相談した」29.8%

 

もしかして、私の夫はモラハラかも・・・と思っているあなたへ

「私は、殴られているわけじゃないし、そんなに大げさにすることじゃないわ」
「夫が怒るのは、私が悪いから我慢しなきゃ・・・」

と納得しないでくださいね。

モラハラを日々受けていると、妻は夫の暴力が怖いし、自分も傷つきたくないから相手の思い通りに動くようになります。
夫は妻を暴力でこわがらせたり、苦痛を与えることによって、妻を思い通りにコントロールし、支配します。
そして、気づいたときには、妻の自尊心が奪われてしまっていることもあります。

このブログでは、私の具体例や相談者の方の声などをあげて説明していますので参考にしてみてください。

モラハラというのは、心を痛めつける「暴力」ということは覚えておいてくださいね。

これが、今後のあなたを守る知識の一つになっていきます。

もし、あなたが夫からのモラハラで悩んでいたら、ひとりで抱え込まずにだれかに相談する勇気を出してください。

そして、もし周りに夫のモラハラを受けている人がいたら、それがモラハラかもしれないことを伝えてあげてください。

目に見えない暴力は、知らず知らずのうちに心をむしばみます。

大辞典