モラハラ・離婚のサポートカウンセリング・横浜

menu

夫がこわい人のためのモラハラ診断

ひとつの出来事をどう○○するかが大切なんです。

 

実は、今日もわたしの母ネタです。
わたしの母は、本当にたくさんのネタを提供してくれます。

とにかく色々あるので、小出しにさせていただきます(笑)

そう思えるようになったのも、わたしが母を客観的に見ることができるようになったから。

心理カウンセラーとなった今では、母はある意味ありがたい存在です。

ただ、わたしが母ネタを使っていても、

夫のことを考えながら読んでみてくださいね。
そうすることで、この記事を読み終えたときには、
きっと新たな気づきが生まれると思います(^_-)-☆

さて、一昨日から子供たちは夏休みです。
終業式の日、子供たちはそれぞれ成績表を持って帰ってきました。

正直、わたし、子供たちの成績表に全く興味がありません。(笑)

一応、見ますが「へ~そうなんだ」くらい。
もちろん、がんばったものは褒めますけど・・・

わたしの中では、成績表の比重が低いのです。

だって、成績表が子供たちのすべてというわけじゃありませんからね。

でも、わたしの母は成績がなによりも大切で学力重視型。

成績表でその人の人格や品格がわかるくらいに思っている人なんです。

だから、仕事帰りのわたしよりも先に子どもたちの成績表をチェックしていました。

わたしは、成績表のことなんてすっかり忘れていましたが、
家に帰宅するやいなや、

「あなた、大変なことになっているわよ~

いったい、どうなっているの?

あなたのお子さんは?」

と、いつものごとく責めるような言葉が・・・

確かに子供たちの成績は決して褒められるようなものではありません。
はっきり言って、悪いんです。(笑)

でも、どうしてその結果になったのかわかっているのは子供たちなので、
わたしは、あえて何もいいません。

だって、もう、中学生と高校生ですからねぇ~

でも、母曰く、子供たちの成績が悪いのは、

「何も言わないわたしのせいで、
親だったら、もっと勉強しなさいというべきだと」

今のやり取りを読んでどう思われますか?

正直、わたしは、相当むかつきました。
なんで、わたしが怒られるのか~って。

そう、わかっていても、母の言動でわたしは、いつも・いつも揺れるのです。

だから、

「君たちのせいで、わたしは怒られてしまったよ」
とちょっと恨みがましいこと子供たちに言ってしまいました ^^;

・・・これは大人げなかった (反省)

人は、次の流れで行動を起こします。

①出来事(事実)

②解釈(考え方・思考のくせ)

③感情

④行動

出来事(事実)が人に影響を与えるのではなく、

起こった出来事をどう解釈するのか、どう捉えるのかで、
感情が変わり、行動が変わってくるのです。

◆母の場合

①子供たちの成績が悪い事実

②わたしが子供に勉強しろというべき・何も言わないわたしが悪い

③怒り、苛立ち

④子供たちやわたしに怒りをぶつける

②の解釈が○○しなくちゃいけないとか、こうあるべきとか、○○が正しいとか間違っているとなると、どうしても、負の感情にむすびつきやすいんです。

◆わたしの場合

①子供たちの成績が悪い事実

②結果を出したのは子供たちだから、
自分たちでこの先どうするか考えたらいいのでは?
「君たちは、この成績の結果、どう思う?」って聞きます。

③子供たちに変化があるかも。次の成績が楽しみだな。

④夏休み楽しんでね~と子供たちに笑顔を向ける

①の事実は同じなのに、捉え方ひとつでここまで変わってきちゃうのです。

一歩間違えると、
子どもたちにとって楽しい夏休みも今回の出来事ひとつでつまらない夏休みになってしまうかもしれないのです。

わたしの大好きな「ひすいこうたろう」さんも、

出来事をどう解釈するかは一秒で変えることができます。
だから世界は一秒で変えられる

といつもおっしゃってます^ ^

とは言っても、

②解釈(考え方・思考のくせ)は、習慣でもあるのでなかなか変えられません。

でも、解釈を変えていかないと、感情そして行動を変えられないのです。

今回は、行動の流れのしくみをお伝えしています。
(どうやって、解釈を変えていくのか・・・ということは、また改めてお話しします)

これは、夫だってそう。

大切なのは、②の解釈の部分。

********************

解釈は、人はそれぞれ。

*********************

つまり、夫がある出来事に対して起こしている行動というのは、
夫の解釈すぎないのです。

いくら考えても、あなたがわかることではない。

そこを覚えておいてください!!

最後に、今日の実践ワーク。

あなたの身近に起こった出来事に対して、
解釈をいくつか考えてみてくださいね。

まずは、いつものパータンを考えて、
次に自分にパワーを与えてくれる解釈ってどんなものがあるかな?

と考えてみてくださいね。

これは、自分の行動パターンを発見するのにとても役立ちます。
ノートに書くのがオススメです。

よかったら、わたしの例を参考になさってみてくださいね。

※昔のわたし

①母が怒っている→②わたしがまた悪いことしちゃったかな→③後悔→④母に怒られないようにいつも母の言動に気を配るようにする

※今のわたし

①母が怒っている→②心理カウンセラーとして学びを深めるよい機会^^→③そんな機会を与えてくれる母に感謝→④母にもまわりにも優しくなれる

起こった出来事は一緒です(*^^*)

解釈ひとつで、こんなにも行動が違ってくるのです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

≪お知らせ≫
今、新しいステップメールを作っています。
こちらは、「モラハラとはなんぞや?」というよりは、わたしのセッションの最終目標でもある〈夫と関係なく、自分らしく自由に生きる〉をテーマとしています。
このメルマガに登録してくださっている皆さまには配信させていただきますので、楽しみにお待ちいただけると幸いです。

===================

福山れいのカウンセリングでは、まずは、初回体験カウンセリングを受けていただき、現状を把握できたら、今後の方向性を決めて、夫とは関係なく、あなたが精神的に自律し、一歩踏み出すことで自立ができるようにサポートします。心理カウンセリングだけでなく、最先端の脳科学に基づいたコーチング手法でサポートいたします。

詳細は ⇒ こちらから

====================
福山れい 無料メール講座

『これってモラハラ? 夫の支配から抜け出し自分を取り戻すための5日間』⇒
登録はこちらのページからどうぞ

====================

モラハラあるある満載音譜
■これってモラハラ大辞典は ⇒ コチラ

知っていると得する知識満載音譜
■これってモラハラと気づいたら…は ⇒ コチラ

====================

関連記事

大辞典