モラハラ・離婚のサポートカウンセリング・横浜

menu

夫がこわい人のためのモラハラ診断

わたしが変るためにしたことシリーズ①

早いもので11月ですね・・・

さて、ご存知かと思いますが、わたしは、モラハラ夫との結婚生活で、離婚という選択肢を選び、その当時、まだ1才児と幼稚園生の子供を抱えて、シングルマザーとして生活してきました。

結婚当時の気持ちや出来事は、色々と書いてきたと思いますが、実は、離婚後~現在の私にたどり着くまでの気持ちや出来事はあまり詳しく触れてきていないのです。

そのあたりをこれから少しの間、ブログにて皆さまにお伝えしていきたいと思います。

離婚当初は、まだ自己肯定感は低く、自分に全く自信がなく、母親の価値観まるごとで生きていた人がどうやって心理カウンセラーになり、多くの方のサポートを出来るようになったのか・・・

きっと、これは、同じような状況で悩んでいらっしゃる皆さまの参考になると思います!

もし、あなただったらどうするかな?

ということを考えながら、読んでいただければ嬉しいです。

では、最初に、なぜ、わたしが離婚~現在までの軌跡を書こうと思ったのかをお伝えしますね。

わたしのプロフィールなどを見ると、一見、結婚生活で苦労したけれど、離婚を選択してすっきりして、新しい人生を進み、トントントンと心理カウンセラーになったんだなぁ~と思われるかもしれません。

全くそんなことないんですよ~

だって、先ほども書きましたが、

自己肯定感が低く、

自分に全く自信がなく

母親の価値観まるごとで生きていた人


だったわけですから (;’’∀’’)

そんなわたしがまず何をしたこというと、

≪目の前にあるやるべきことをこなす日々≫

からのスタートでした。

しかもわたしの場合、

最初は何をどうしたらいいのかわからず、すべて自己流、数打てば当たるのこどく色々と試行錯誤しました(;’’∀’’)

結果的には、変化するために行動したことになりますが、

実は、やったことと言えば、目の前のやるべきことをこなすことが精いっぱいで、内面をあえてあげようとしたわけではないのです。

それでも振り返ってみると、自然と内面を上げる行為に繋がっていたことも多いので、それらもお伝えさせていただきます。

そして、わたしが試行錯誤して進んだ道を遠回りせず、ショートカットしてお伝えすることで、ご自分の人生を自由に生きてほしいと思ってます。

また、内面に関しても、以前のわたしのような低い内面でも決してあきらめないで欲しいという思いがあります。

福山だから変れたという話はないです。

福山でも変われた

だから、

あなたも変われるのです !(^^)!

※長くなるのでこのシリーズは数回に分けて書かせていただく予定です。

さて、今日は、離婚直後のお話しを少しさせていただきますね。

離婚直後は、新しい人生への前向きな気持ちはありましたが、現実はとても辛かったです。

何が一番辛かったのかというと、

元夫からの精神的な縛りから抜けられないことでした。

電話が鳴る度にドキドキしたり、元夫と似たような人が歩いているだけでビクつきました。

家にいるのも、出かけるのも怖い。精神的にもぎりぎりでした。

それでもがんばれたのは、

離婚という選択を自分で選んだという責任と、

2人の子供の存在でした。

誰かに離婚しろと言われたわけではなく、自分自身の幸せのために選んだ選択なので、人や周りのせいになんかできません。

子どもたちは、まだ何が起こったか理解していない年齢だったので、2人を目の前にして泣くことなんてできません。

たから、毎日歯を食いしばって、前だけ見るようにしていました。

もちろん、夫の精神的な支配から抜けたわけではありませんが、
何より避けられず、目を向けなくてはいけない経済的な現実が待ってました。

離婚した当時のわたしは在宅でほんの少しだけお小遣い稼ぎをしていただけなので、収入を増やす必要がありました。

そこでまずやったことは

≪素直になること≫

周りの人に、離婚したので仕事を探しているということを素直に伝えました。

同時に下の子の保育園探し。

ペーパードライバーだった車の運転も再開しました。

全部初めてのことでした。

そして、その中で自分にとって一番ハードルが高かったことは、

≪人に頼ったことです。≫

今まで「人に頼み事をすることは、申し訳ないこと」と思っていたわたしが

「素直に、人に頼る」

ことをしたのです。

すると、不思議なことにお仕事の話がいくつか舞い込みました。

≪包み隠さず、ありのままの私を見せる≫

ことで、仕事を見つけることができました。

あの当時は、なんと、多い時で5つの仕事を掛け持ちしてました~
そして、保育園も早々に内定。
車の運転は、保育園の送迎に役立ちました。

この結果わかることは、

人って、何かしなきゃいけない状況に追い込まれてしまうと何かしら行動します。

ということは、本当はいつだって行動できるのにあれこれ理由をつけてしないだけなのです。

はい、今日のまとめです(*´▽`*)

自己肯定感は低く、自分に全く自信がなく母親の価値観まるごとで生きていたわたしが変わるためにまずしたこと。

◆とにかく目の前のことをこなすために行動

◆素直になる

◆人に頼る

◆包み隠さず、ありのままの私を見せる

これ全部ポイントですので、覚えておいてくださいね (^_-)-☆

その後、少し落ち着き、
自分の結婚生活を振り返ったときに、数々の疑問が沸いてきました。

元夫の行為は、モラハラだったのか、DVだったのか?

共依存って何?

もしかして私ってアダルトチルドレンだったの?

そこから心理の学びが始まりました。

こちらに関しては、また次回のブログで書かせていただきます。

===================

福山れいのカウンセリングでは、まずは、初回体験カウンセリングを受けていただき、現状を把握できたら、今後の方向性を決めて、夫とは関係なく、あなたが精神的に自律し、一歩踏み出すことで自立ができるようにサポートします。心理カウンセリングだけでなく、最先端の脳科学に基づいたコーチング手法でサポートいたします。

詳細は ⇒ こちらから

====================
福山れい 無料メール講座

『これってモラハラ? 夫の支配から抜け出し自分を取り戻すための5日間』⇒
登録はこちらのページからどうぞ

====================

モラハラあるある満載音譜
■これってモラハラ大辞典は ⇒ コチラ

知っていると得する知識満載音譜
■これってモラハラと気づいたら…は ⇒ コチラ

====================

関連記事

大辞典