モラハラ・離婚のサポートカウンセリング・横浜

menu

夫がこわい人のためのモラハラ診断

モラハラを受けているかどうかわかる質問教えます

モラハラと夫婦ケンカのの線引きって??◆

 

「モラハラ」という言葉がほんの少し知られてきたみたいで、「どこからモラハラなんですか?」と聞かれることが多くなりました。

モラハラの線引きってどこ??と知りたいようですね。

ずばり答えますと、線引きなんてありません!
あなたが辛く悲しい想いをして、あなたがこれはモラハラだと思えば、それがモラハラなんです。

お天気だって、2月も終わりになれば、春らしく感じられ暖かいと思う人もいれば、まだまだ冬だから寒いと感じる人がいます。

モラハラという言葉に出会い、私は夫からモラハラを受けていると感じたら、モラハラを受けている自分と向き合う必要があります。

逆に、モラハラを受けているかもしれないけれど、「普段は優しい夫だし、私もうまく切り返すことができる」のであれば、それでいいのです。
人はそれぞれ感じ方が違うということです。

でも、モラハラを受け続けていると、周りが見えなくなっています。
だから、もちろん気づかない人もいます。
でも、このブログにたどり着いたあなたはきっと何か気づいているんだと思いますよ。

モラハラという言葉に出会い、自分の置かれている状況や被害に初めて気づき、あなたのモラハラ脱出の旅は始まります。

そうは言っても、わからない・・・という方へ。

「モラハラ」と「夫婦けんかの違い」を考えてみますね。

「モラハラ夫」は、支配的、一方的です。
相手を徹底的に攻撃して屈服させることがゴールです。
モラハラ夫には、怒りのスイッチがあり、些細なことでいきなりスイッチが入ります。
エスカレートすると、しばらくそのスイッチは止められません。

妻が反論しようとしたら、妻をねじ伏せるまで責めたり怒り続けます。
悪いのは、あくまでも妻です。
モラハラ夫には、負けはありません。

「夫婦喧嘩」の場合は、些細なことが原因となりますが、たがいに感情をぶつけあいます。
そこで、ある程度お互いの意志を確認することができます。
ケンカのあとも、お互いに反省したり、話し合いもできます。
モラハラは、相手を徹底的に叩きのめして、従わせます。
でも、もし、よくわからない人がいらしたら、下記の質問を自分にしてみてください。

あなたは、自分の言いたいことをどれくらい夫に言うことができますか?

夫は、あなたの言うことをどのくらい聞いてくれますか?

関連記事

大辞典