モラハラ・離婚のサポートカウンセリング・横浜

menu

夫がこわい人のためのモラハラ診断

「夫と一緒のご飯は食べた気がしない」

◆これってモラハラ? ②

 妻側からみるモラハラ
「夫と一緒のご飯は食べた気がしない」

モラハラ夫の妻は、ごはんの時も夫に対して神経を使います。
夫が好きなものを、最も美味しいタイミングで出さないと夫の機嫌が損なわれるかもしれないからです。

夫の機嫌次第では、せっかく作ったものを食べなかったり、ひどい場合は捨ててしまわれることもあります。

せっかくのお食事タイムが憂鬱な時間に早変わり!!

妻は夫に気を遣うあまり自分が食べることを忘れてしまうこともしばしば。
時間をかけて作った食事なのに、夫の顔色を伺っていて、全く味わえないなんて寂しすぎます!

私の場合、家族みんなで鍋を囲んでいるときに、夫が「七味取って」と私に言いました。
夫の目の前にあるのだから、「自分で取れば?」と言うと、次の瞬間、なぜか七味唐辛子の瓶が床に投げつけられていたのです。

「え???」ですよねぇ~~
(自分で取っているではないの~~~)

でも、一度それをされると、もう同じことはされたくないから、夫が「七味を取って」と言われる前に、私から「はい、七味」となるわけです。

そうやって、夫の機嫌を損なわないように、損なわないようにと、機嫌をとる日々が積み重なっていくのです。

これぞ、まさに、夫の支配される妻です

夫の機嫌を損なわないようにするのはなぜでしょうか。

自分が傷つきたくないからですよね?

あなたは、常に状況を読み、夫が怒る前に、夫が何を望んでいるのか察知し、望みをかなえてあげる生活を繰り返していませんか?

でも、そのことで、あなたは夫にとって都合のよい妻となり、あなたが支配するつもりが、夫に支配されるという状況に陥ります。

 

食事時間 (465x640)

今日の一句
「友人に痩せたと言われ我を知る」

※食事を食べていないことさえも、気づいていない場合があるので要注意!

関連記事

大辞典