モラハラ・離婚のサポートカウンセリング・横浜

menu

夫がこわい人のためのモラハラ診断

あなたは、母子家庭になるのがこわいですか?

◆母子家庭が問題ですか?◆

川崎の中学1年生の殺害事件の記事を読んでから、ずっと心がザワザワしていました。

被害者・加害者の家庭環境などが取り上げられ、自分なりに色々と思うところはあります。
だけど、家庭の中って第3者がとやかく言えることではない。

どの家庭だって何かしらの問題を抱えているはず。それは、計り知れません。
見える一部だけを、クローズアップしてとやかく言うのは失礼な話です。

ただ、客観的に見てみると、今回のマスコミの報道では、被害者の家庭が母子家庭だったことを大きく取り上げています。

◆母の愛情だけでは子どもを守れない

◆母子家庭にはいばらの道のりが待ち受けている

◆ひとり親は時間に余裕がない「時間貧困」に陥りやすい

母子家庭 ⇒ 貧困 ⇒ 母親が忙しい ⇒ 育児に手がまわらない ⇒ 子どもに問題が起こる

こんなイメージかしら?

では、母子家庭の母親はみんな子育てがうまくいっていないのか?

みんな「子どもと向き合う時間が取れない」のか?

私も、離婚して2人の子どもの子育てをしなければならない状況は同じです。
家事・育児・経済をひとりでがんばらなくてはならないことの大変さはよくわかります。

子どもが成長すれば教育費用が増え、正直お金の心配は常にあります。
結局、仕事がなければ、生きていけないのが現状ですので、必然的に朝から晩まで働いています。
(ちなみに養育費はもらっていません。)

それでも、子供たちとの時間は一番大切に考えるようにしています。

私は、子どもたちの幸せも考えて離婚を選びました。
子どもたちのために離婚したのに、一番大切な子どもたちを犠牲にしてしまうなんて、本末転倒です。

子どもを護るのは親の責任&義務です!

これは、原点なので絶対に忘れてはいけないことです。

もしかして、私の生活を見て、母子家庭で子どもがかわいそう・・と思っている方もいるかもしれません。

でも、私は全然気にしません。
私は自立して、胸を張って子育てしていますから。

今回の事件は、被害者の少年を取り巻く多くの環境があり、そのことをとやかく言うつもりはありません。

私は、この事件で「母子家庭は特殊な環境」と思われてしまうことが残念なのです。

なぜなら、やむ得ない事情で離婚を選択しようと考えている人たちが、世間の目を気にして離婚に踏み切れない理由のひとつにしてしまうかもしれないからです。

社会的な保障などを考えると、シングルマザーが育児をしながらも、自分らしく生きていく制度は整っていません。

でも、ちゃんと自立しているシングルマザーはたくさんいます。
自分で離婚を決めて、自分の足で進んでいる方はたくさんいるのです。

間違えないでほしいのは、夫から自立して生きていくことは、子どものために生きることではありません。

自分らしく自由に生きることが目標です。

子どもはお母さんの笑顔が大好きなんです。

母子家庭の母親には、子どもを護る義務があります。

この原点がぶれなければ、

シングルマザーでも、自分らしい生き方ができる!
シングルマザーでも、子どもたちと笑顔で笑える日々!

シングルマザーだからこそ、幸せ☆彡と胸を張って言えるようになります。

世間に、゛母子家庭だから・・・゛と、どうこう言わせない。
そのためには、私が「自律&自立」するための、トライ&エラー。

どうしたらいいのかわからないときは、ご相談くださいね。

関連記事

大辞典