モラハラ・離婚のサポートカウンセリング・横浜

menu

夫がこわい人のためのモラハラ診断

モラハラ夫との今後の選択肢③離婚

◆「これってモラハラかも」って気づいたら?④

モラハラ夫との今後について悩み始めたら、3つの選択があります。

①このまま留まる

②別居

③離婚

 

今回は、③について、お話しますね。

いきなり「離婚」は正直、ハードルが高すぎます。

別居 ⇒ 離婚が流れ的にスムーズです。

 ただ、今回の別居は、戻らないことを覚悟しての別居となります。

 そのため、しっかりとした準備&別居先が必要となります。

 

実家など戻れる先のある人はいいのですが、ない人はアパート設定などが必要になります。

資金のやりくりから、事前準備は、離婚を決心したときからしっかりと行ってください。

もし、ひとり親になったら、行政からどのくら補助がでるのか?など、ちゃんと自分で調べてくださいね。

 

もちろん、夫にわからないように準備が必要です。

 

もう、戻らないのですから、大切なものは必ず持って出てください。

日ごろから大切なもの(お金にまつわるもの。保険証書、健康保険など)はまとめておくとよいかもしれません。

 

無事に別居ができたら、離婚の手続きとなります。

 

ちなみに、離婚には、協議離婚(話し合い)と調停離婚(家庭裁判所)があります。

 

モラハラ夫の中には、日ごろから「離婚してやる」と口にしている人もいると思います。

本人が言っているのだから、簡単に離婚できると思いきや、そんなことはありません。

 特にモラハラ夫との離婚は大変だと覚悟してください。

 

そのためには、1人で戦うのではなく、親戚や知人、法律を味方につけることが必要です。

 

モラハラ夫は口がうまい人が多いので、そんなときは弁護士にお願いするのが一番の得策です。

今後の話し合いもすべて弁護士に任せることができます。

 

お金のない場合は、法テラスに相談に行ってください。

地元の弁護士会もあります。

行政機関の無料法律相談なども利用できるはずです。

 

別居後の生活費は、離婚していない場合は婚費といって、夫に請求できますので、早い段階から法律の知識を身に着けていることも大切です。

 

また、離婚調停になったときには、モラハラの証拠なども必要になってきますので、同居しているときから、モラハラの証拠集め(メール、写真、録音など)もあれば取っておきましょう。

 

離婚を決めたら、知識&情報収集がとても大切です。

でも、何よりも大切なのは、あなたの決心です

それさえ、しっかりしていれば、どんな辛いことも乗り越えられます。

人に押し付けられたり、人の意見に流されてはだめです。
もし、自分の意志ではなく、人に流されて離婚を決めてしまった場合は後々後悔します。

離婚は、結婚生活のピリオドであり、ゴールではないのです。
新しいスタートです。

だから、決心が揺らぐようであれば時期ではありません。

自分のこと、子どものことなどをしっかり考えて、最善の道を選択してください。

 

ちなみに私の場合も離婚を決意したときのスローガンは、

「笑顔のお母さんになる!」でした。

 

今回の記事には、離婚にまつわるたくさんのキーワードが出てきました。

さらに詳しいお話は、別の記事でご紹介します。

関連記事

大辞典