モラハラ・離婚のサポートカウンセリング・横浜

menu

夫がこわい人のためのモラハラ診断

「協議離婚」について。

◆「これってモラハラかも」って気づいたら?➄

 

「協議離婚」について。

協議離婚とは、話し合いで離婚をするやり方です。

 

ただ、モラハラ夫は話し合いができない場合が多いです。
ましてや、離婚の話し合いなんてしたくないので、さらにハードルが高くなります。
また、夫と二人だけで話し合いをしても、夫にとって妻は支配できる相手なので、妻が負けることが目に見えています。

 

したがって、話し合いは二人で行ってはいけません。

 

大切なのは、必ず第三者にお願いすることです。

まずは、妻の身内の男性がいいと思われます。
いないときは、共通の友人で夫より強い立場の人をおススメします。

モラハラ夫が逆らえない、または苦手な相手を選ぶことがポイントです。

 

もし、いない場合は弁護士にお願いしましょう。

 

モラハラ夫は権力に弱いので得策だと思われます。

協議離婚の場合も決め事に関しては、必ず公正証書にするようにしてください。

口約束は絶対にだめです!

 

いろいろな決め事があると思われますが、子どもがいる場合は、親権者を必ず決めてください。
できれば、養育費、面会交渉なども決めてしまうといいと思われます。

妻がどうしても別れたいという気持ちがあると、養育費も慰謝料も放棄してしまう場合が多いのですが、今後の生活を考えれば、もらえるものはもらいたいところです。

養育費に関しても、最初は払っていたのに、いつの間にか払われなくなったというパターンは少なくありません。
そんなとき、公正証書にしておけば、強制執行といって、相手の給料や貯金から、裁判所が代わりにお金を取り上げてくれます。

 

法律に関しては、行政機関や法テラスで無料の法律相談があります。
地域の弁護士会をあたってもいいかもしれません。

 

弁護士に相談するときは、時間が決まっていますので、何を相談したいのか、何を聞きたいのか、しっかりとメモしてから行くと、無駄がなくスムーズにいきます。

そんなことも知っているのと知らないのとでは大違いです。

 

でも、話し合いがこじれてしまう場合は、協議離婚は無理ということになり、調停離婚になります。

 

次回は、調停離婚についてです。

関連記事

大辞典